読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドバイザーのブログ

JOYBRASS トロンボーンアドバイザー、佐々木一成のブログです

吾輩はメモである

どうも、アドバイザーの佐々木です。

レッスンを受けてる途中や終わった後にメモをとったりしてますか?
普段レッスンをしてて思うのですが、レッスンで起こったことというのは意外と目立ったポイントのみだけが印象的に記憶されているように感じます。そしてだんだんと薄れて自分の感覚に戻っていってしまう人が案外多いのではないかと…。それでも勘が良かったりレッスンの相性が良いなら十分に伸びていけるのですが、今一つ上手くいってないと思うのでしたらメモすることをオススメします。

僕がレッスンを受け始めた時にまずはノートを用意してとにかく言われた事を記録しなさいと言われました。レッスンの内容や先生のちょっとした言葉だったり、自分ではない人のレッスンやマスタークラスでもメモしていくことを習慣にしていきましたね。それでも当時はちょっと面倒くさいなと思うところもあり、録音すれば音も聴けるし良いかな?と思って録音をしていた時期もあるんですね。ただプレイバックに同じ時間がかかってしまうし、録りためてもそこから必要な情報を引き出すのに向いていないと思いました。そうこうして書き溜めた色々なことは今自分が吹く側でも教える側でも役に立つことばかりで、大切な財産となっています。当時はまるで感覚として理解出来なかったことや練習パターンなど、とても良い内容だったんだと後になってわかることがそれはもう沢山あります。

ただ今はスマホなどにメモされている方をよく見かけます。
最近は便利になってきていて、僕もスマホやPCでいつでも読み書きできるEvernoteなどにメモしてはいますが、それでも何でしょうね?あの自分で書き上げた紙のメモの積み重ねはより強く印象に残っている気がします。なのでね、皆さんも是非習慣化しましょう。人は忘れていく生き物ですからね、そうそう、メモ用のノートは5線ノートがとっさに楽譜も書けて便利ですよ。

それでは、また。

【質問募集中です】tb@joybrass.co.jp までどうぞ!